メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

スピードスケート 全日本距離別 高木美、1500メートルV5

女子1500メートルで優勝した高木美帆=長野市のエムウェーブで2020年10月25日、猪飼健史撮影

 スピードスケートの全日本距離別選手権最終日は25日、長野市エムウェーブで行われ、女子1500メートルは世界記録保持者の高木美帆(日体大職)が1分54秒81の大会新記録で5連覇を果たした。佐藤綾乃(ANA)が1分56秒89で2位、小平奈緒(相沢病院)が3位。

 男子1500メートルは日本記録を持つ一戸誠太郎(ANA)が1分46秒33で制し、2014年ソチ冬季五輪代表の近藤太郎(ANAエアポートサービス)が0秒17差で2位に入った。

 女子5000メートルはウイリアムソン・レミ(大東大)が7分14秒58、男子1万メートルは蟻戸一永(専大)が13分28秒94で優勝した。

この記事は有料記事です。

残り466文字(全文750文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 『鬼滅の刃』2日連続で全国5紙ジャック、朝刊に広告「想いは不滅」 主要15キャラの名言&作者メッセージ掲載

  2. 「大阪モデル」初の赤信号点灯決定 知事15日まで外出自粛要請へ 学校は継続

  3. 特集ワイド 菅首相の手法、強権的 有言実行、だから信じたが… 江田憲司・立憲民主代表代行

  4. 新型コロナ 大阪府、初の「赤信号」 重症病床切迫、外出自粛要請へ

  5. クローズアップ 「脱ガソリン」政府号令 30年代半ば、従来車禁止 「脱HV」の土俵乗らず

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです