メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

影山貴彦のテレビ燦々

浜辺美波・岡田将生ダブル主演「タリオ」 多彩な作り手、遊び心も満載

「タリオ 復讐代行の2人」第4話(10月30日放送)の一場面。白沢真実(浜辺美波、奥左)と黒岩賢介(岡田将生、奥右)

 <影山貴彦のテレビ燦々(さんさん)>

 9日から放送されている「タリオ 復讐(ふくしゅう)代行の2人」(NHK総合・全7回)。初回は少しばかり乗り切れなかったが、回を重ねるごとに気になって見ている。正義感の塊の若き元弁護士と、優柔不断で憎めない詐欺師が、被害者から依頼を受け悪を退治するドラマだ。

 ちなみに「タリオ」とは、「被害者が受けたのと同種の害を加害者に加える処罰法」という意味のラテン語。藤田まことの代表作といえる「必殺仕事人」的ドラマを想起した読者もいるだろう。ただ小ネタ的遊び心のちりばめられた物語は、「必殺」とは少々趣が異なる。

 元弁護士・白沢真実役を浜辺美波、詐欺師・黒岩賢介役を岡田将生が好演する。浜辺のド直球さと岡田の一筋縄でいかない味わいの対比がいい。第2話の、怪しげな教祖(伊藤歩)に妻を呪い殺されたと和紙職人(竹原ピストル)が依頼するストーリー展開など、名作「トリック」(ABCテレビ系)へのオマージュ的匂いを感じた。木村ひさし監督や脚本の蒔田光治ら、いわば「トリック組」が手掛けているようだ。こうした試みは楽しい。

この記事は有料記事です。

残り288文字(全文759文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ドコモ新料金プラン、20ギガバイトで月2980円 5分以内の国内通話も無料

  2. 追い込まれたトランプ大統領 選挙不正訴え大演説 自身のFBに掲載

  3. よみがえった清水寺「寛永の姿」に 4年かけ本堂や舞台など大修理 京都

  4. 特集ワイド 菅首相の手法、強権的 有言実行、だから信じたが… 江田憲司・立憲民主代表代行

  5. 福岡市中心部の天神にサル出没 警察官や見物客らで一時騒然

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです