特集

学術会議任命拒否

日本学術会議が推薦した新会員候補6人を菅首相が任命しなかった。極めて異例の事態の背景や問題点を追います。

特集一覧

首相所信表明 こだわる目の前の「成果」 その先にあるビジョンは

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
臨時国会召集を前に記者団の質問に答える菅義偉首相=首相官邸で2020年10月26日午前8時47分、竹内幹撮影
臨時国会召集を前に記者団の質問に答える菅義偉首相=首相官邸で2020年10月26日午前8時47分、竹内幹撮影

 菅義偉首相は26日に行った初めての所信表明演説で、持論の携帯電話料金引き下げなどに触れ、「結果を出して成果を実感いただきたい」と訴えた。就任当初から「国民のために働く内閣」を掲げる「実務家」の首相らしさはあるが、約7000字にわたる演説は各種政策の羅列にとどまり、どのような国にしたいのか、首相が描くビジョンは見えない。

 演説では目指す社会像として、…

この記事は有料記事です。

残り426文字(全文602文字)

【学術会議任命拒否】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

注目の特集