メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

少人数学級の導入 財政審は否定的「効果はないか、あっても小さい」

財務省=井出晋平撮影

 財政制度等審議会(財務相の諮問機関)の歳出改革部会が26日開かれ、文部科学省が予算要求している小中学校での少人数学級の導入について議論した。事務局を務める財務省は学級規模が学力に与える影響について「規模の縮小の効果はないか、あっても小さいことを示す研究が多い」とする資料を提出。委員の議論でも、全国一律の少人数学級の導入には否定的な意見が多数を占めたという。

 議論は非公開で行われた。終了後に記者会見した土居丈朗会長代理(慶応大教授)によると、委員からは「新型コロナウイルスの感染拡大を防止する観点で少人数学級の推進は必要」「少人数であれば教育の質が良いとは限らないので、メリハリをつけるべきだ」と賛否両論があった。土居氏は「大勢としては、一律的にクラスの生徒数を減らす形の少人数学級を進めるべきだという意見はなかった。教育効果の観点からすれば、必ずしも十分…

この記事は有料記事です。

残り145文字(全文525文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 『鬼滅の刃』2日連続で全国5紙ジャック、朝刊に広告「想いは不滅」 主要15キャラの名言&作者メッセージ掲載

  2. 「大阪モデル」初の赤信号点灯決定 知事15日まで外出自粛要請へ 学校は継続

  3. 特集ワイド 菅首相の手法、強権的 有言実行、だから信じたが… 江田憲司・立憲民主代表代行

  4. 新型コロナ 大阪府、初の「赤信号」 重症病床切迫、外出自粛要請へ

  5. クローズアップ 「脱ガソリン」政府号令 30年代半ば、従来車禁止 「脱HV」の土俵乗らず

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです