メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

米国の選択

繰り返されるセクハラ発言 全米で「女性の行進」広がる~トランプの4年 内政④

大統領として初訪問したパリでマクロン仏大統領の妻ブリジットさん(左)に対しセクハラ発言をしたトランプ米大統領=2017年7月、AP

 トランプ米大統領はセクハラ発言も繰り返してきた。

 2017年6月には政権に批判的なニュースキャスターのミカ・ブレジンスキー氏について「IQ(知能指数)が低く頭がおかしい」「顔のしわ取り(美容整形手術)でひどく出血していた」などとツイッターに根拠なく書き込んだ。

 さらに同7月には、就任後初訪問したパリで、真っ白なワンピースを着たマクロン仏大統領の妻ブリジットさんに対し「とてもいい体だ」「きれいだ」などと話し掛けたため、欧米メディアなどでセ…

この記事は有料記事です。

残り333文字(全文554文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ファミマ・お母さん食堂に異議 声上げた高校生に「慎吾ママ」生みの親がエール

  2. 脳しんとうの力士が取り直し 土俵の安全性に警鐘 協会、初場所後に本格協議へ

  3. #自助といわれても 気づいたら全財産103円 42歳女性が「見えない貧困」に落ちるまで

  4. 警視庁担当記者が過激派「中核派」のアジトに入り、見た世界とは

  5. 二つの支持率が占う菅政権の今後 政権運営力低下を無情にも示すその「差し引き」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです