メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

3歳児虐待死 コロナで家庭訪問できず、市リストから漏れ 福岡・中間

3歳で亡くなった末益愛翔ちゃんがいた集合住宅から証拠品を持ち出す福岡県警の捜査員ら=福岡県中間市中鶴1で2020年8月17日午後4時47分、成松秋穂撮影

 福岡県中間市の集合住宅で同居する継父や母親から暴行を受けたとみられる3歳男児が8月に死亡した事件で、保育園などに通っていない未就園児の家庭訪問調査が新型コロナウイルスの影響で延期され、男児の安否を市が確認できていなかったことが、市への取材で判明した。男児は5月に同県八女市から中間市に転入。調査対象の家庭は毎年6月に抽出されていたが、国が今年の抽出を10月に実施するよう自治体に通知したため、市の訪問リストから漏れる形となった。

 事件は8月16日未明、中間市の集合住宅で末益愛翔(すえますまなと)ちゃん(3)が頭を殴られ意識不明の重体となり、搬送先の病院で全身にあざがあったことから発覚。愛翔ちゃんは11日後の27日、急性硬膜下出血に基づく多臓器不全で死亡した。

この記事は有料記事です。

残り975文字(全文1307文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 長女はひつぎにうどんを二つ… 原爆小頭症の吉本さん逝く 孤独と痛みに耐えた74年

  2. ORICON NEWS 『鬼滅の刃』2日連続で全国5紙ジャック、朝刊に広告「想いは不滅」 主要15キャラの名言&作者メッセージ掲載

  3. 毎日新聞には冨岡義勇ら登場 「鬼滅」広告、5紙朝刊に掲載 最終巻発売など記念

  4. コロナで変わる世界 <教育編 インタビュー①>山極寿一氏が恐れる「オンラインで済む」という感覚 「知識だけでなく体験共有を」

  5. 「現場感覚ではもう今が限界」埼玉医大教授のSNS投稿が拡散 コロナ楽観論を懸念

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです