元大リーガー・田沢純一、ドラフト指名されず 「ルール」撤廃でも

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
BCリーグ・埼玉の田沢純一=2020年7月13日、中山信撮影
BCリーグ・埼玉の田沢純一=2020年7月13日、中山信撮影

 プロ野球の新人選手選択(ドラフト)会議が26日行われ、ドラフトの目玉の一つと見られていた元米大リーガーで独立リーグ・埼玉の田沢純一投手(34)は、どの球団からも指名がなかった。埼玉県熊谷市内の温泉施設では記者会見が準備され、総勢50人以上の報道陣が集まったが、田沢は最後まで姿を見せなかった。

 2008年に新日本石油ENEOS(現・ENEOS)から直接大リーグに挑戦したことが、日本のドラフト指名を拒否して海外プロ球団と契約した選手は日本球界に戻っても一定期間、日本野球機構(NPB)の12球団と契約できないと申し…

この記事は有料記事です。

残り389文字(全文647文字)

あわせて読みたい

注目の特集