メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

阪神6位の三菱自・中野 思い描くプロ初打席から新人王への道

阪神から6位指名を受け、野波尚伸監督(左)と握手する中野拓夢内野手=愛知県岡崎市の三菱自動車岡崎製作所で2020年10月26日午後7時45分、渡辺隆文撮影

 阪神から6位指名された三菱自動車岡崎の中野拓夢内野手(24)は「正直不安しかなかった。指名されてホッとしている」と満面の笑みを見せた。

 1メートル72センチ、68キロと小柄だが、巧みなバットコントロールで広角に打ち分ける。東北福祉大では1年生から活躍。守備も堅実で二塁手、遊撃手をこなし、3年生の春と4年生の春、秋にベストナインに選ばれた。

 記者会見で「社会人は即戦力として期待がかかる。プロ初打席は直球を積極的に打ちにいく。そして新人王を狙う」と意気込みを語った。野波尚伸監督は「走攻守そろっており3割打てる打者になると思う」と期待を寄せた。【渡辺隆文】

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 安倍氏の地元も「答弁、何だったのか」 「桜を見る会」補塡に疑問の声

  2. 「ホテルの明細書あれば1000万%アウト」 桜前夜祭の野党ヒアリング詳報

  3. 捜査員に知らされた姉の犠牲 「まさか路上生活とは」「理不尽」渋谷傷害致死

  4. 事実と違う答弁を繰り返した安倍氏…「桜を見る会」前夜祭 立件可否焦点に

  5. 要請応じない/もう諦めるしか 大阪「時短」、反発や落胆 忘年会シーズン直撃 

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです