特集

東京パラリンピック

東京パラリンピックに関する特集ページです。

特集一覧

東京2020

パラアスリートを支える「第3の目」 川崎のベンチャーが開発、仕組みは?

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
視覚補助装置「RETISSA(レティッサ)」を使って映像を確認するパラ陸上女子走り幅跳びの沢田優蘭(左)=QDレーザ提供
視覚補助装置「RETISSA(レティッサ)」を使って映像を確認するパラ陸上女子走り幅跳びの沢田優蘭(左)=QDレーザ提供

 川崎市のベンチャー企業が、弱視向けの視覚補助装置を開発し、28日で開幕300日前を迎えた東京パラリンピックへの出場を目指す選手の支援に乗り出している。開発者は「眼鏡、コンタクトレンズに続く『第3の目』を目指す」と意欲的だ。【岩壁峻】

 開発したのは、光学技術を専門とするQDレーザ(本社・川崎市)。同社は2006年に電機大手の富士通から独立し、半導体レーザーを使った顔認証システムなどを手がけている。

 選手たちが利用するのはレーザー光を眼底の網膜に直接投影する技術を応用した「RETISSA(レティッサ)」という商品だ。18年から販売を開始し、富士通が日本パラ陸上競技連盟を支援していた縁から、QDレーザも19年4月にパラ陸連とスポンサー契約を結んだ。以降、視覚障害の選手に聞き取り調査をしながら改良を進めている。菅原充社長(61)によると、網膜に映像を投影する技術の製品化は世界初だという。

 人間の目は、カメラのレンズに当たる水晶体で光を屈折させてピントを合わせ、眼球の底にある網膜で捉えた映像を「視覚」として認識している。眼鏡やコンタクトは水晶体の役割を補うことができるが、限界がある。そこで、レティ…

この記事は有料記事です。

残り1122文字(全文1624文字)

【東京パラリンピック】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

この記事の筆者
すべて見る

ニュース特集