メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

私の記念碑

囲碁棋士 石田芳夫/3 独立懸けた初防衛戦

本因坊戦リーグの石田芳夫七段(右)と加藤正夫六段(左)の対局を見守る木谷実九段=1970年11月(日本棋院提供)

 同門の加藤正夫九段から3年遅れて1970年、22歳で本因坊戦リーグ入りを果たした。11月の初戦に加藤との対局が組まれた。「勝った方が挑戦者だな」。2人は健闘を誓い合った。

 対局場は東京・高輪にあった日本棋院。当時は2日制だった。師匠の木谷実九段は和服姿で盤側に陣取り、対局を見守った。「弟子が2人もリーグ入りして対局するのは夢のようだったでしょう。楽しそうにしていました。実際、なかなかの熱戦で面白い碁でした」。結果は加藤の黒番1目半勝ちだった。

 残る6戦を全勝し、5勝2敗の加藤を抑えて挑戦権をつかんだ。林海峯本因坊と一進一退で七番勝負は進み、2勝2敗から連勝して本因坊位をつかんだ。22歳10カ月での本因坊獲得は今も最年少記録だ。

この記事は有料記事です。

残り429文字(全文747文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. GSで偽1000円札使われる 山口・下関 透かしある手の込んだ作り 記番号や印影はなし

  2. 時短に「またか」「悩む」 東京都内の飲食店悲鳴 「従わないと白い目で…」

  3. ソフトバンクが日本一 巨人に4連勝し、4年連続11回目 シリーズ最多12連勝

  4. 「感染を制御できない」 専門家に強い危機感 会合後に漏れた本音

  5. 経路不明急増、保健所パンク…「日本モデル」もう限界 「政府も危機感共有を」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです