メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

あした元気になあれ

きみの行く道を進め!=小国綾子

静岡市内の中学校で絵本の読み語りをする橋本恵子さん。「ことのはスクエア」(https://kotosuku.com/)を主宰し、話し方レッスンや朗読指導を行っている

 27日から読書週間なので、一冊の絵本と一人の女性の話を。

 静岡市の元アナウンサー、橋本恵子さん(51)は、地元の小中学校で絵本の読み語りボランティア活動に参加して10年になる。コロナ禍で休止していたが、ようやく10月、再開できた。

 再開初日、橋本さんが中学3年生に選んだのは、米国の絵本作家ドクター・スースの「きみの行く道」。広い世代に読み継がれているロングセラーだ。「『3年生にはこの絵本』と決めています。もう何十回と読んできたのでほとんど暗唱できるくらい」

 絵本の主人公の少年は自分の「行きたい道」を探して旅に出る。でも挫折し、迷った果てにたどり着いたのは「待つところ」。そこではみんな何もせず、運が向いてくるのをただ待っているだけ……。

この記事は有料記事です。

残り615文字(全文937文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ドコモ新料金プラン、20ギガバイトで月2980円 5分以内の国内通話も無料

  2. 追い込まれたトランプ大統領 選挙不正訴え大演説 自身のFBに掲載

  3. よみがえった清水寺「寛永の姿」に 4年かけ本堂や舞台など大修理 京都

  4. 特集ワイド 菅首相の手法、強権的 有言実行、だから信じたが… 江田憲司・立憲民主代表代行

  5. 福岡市中心部の天神にサル出没 警察官や見物客らで一時騒然

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです