メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

プロ野球 ドラフト会議・道内5人 「地元、ありがたい」 日本ハム1位・鹿部出身、伊藤大海投手 /北海道

 プロ野球のドラフト会議が26日にあり、苫小牧駒大のエース伊藤大海(ひろみ)投手(23)が、北海道日本ハムファイターズから単独1位指名された。道内の大学生がドラフトで1位指名されたのは初。道内では伊藤投手を含め5人が指名を受け、記者会見で喜びを語った。【三沢邦彦、土谷純一、平山公崇、本多竹志】

 大学の大講堂でテレビ中継を見守った伊藤投手。意中の球団だった日本ハムの1位指名が入ると一緒に見守ったチームメートなどから拍手が起こり、単独指名が決まると会場内は再び、大きな拍手に包まれた。

 伊藤投手は「プロ野球でもまた、北海道の地で頑張れるのはありがたい」と会見で笑顔を見せた。

この記事は有料記事です。

残り1929文字(全文2216文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「鬼滅の刃」興行収入275億円 「タイタニック」超え、歴代2位に

  2. NTT東日本がコールド勝ちで8強進出 ヤマハは前田ソロで一矢 都市対抗

  3. 「菅語」を考える 小田嶋隆さんが読む首相の「恐怖政治断行」宣言 「小さな部屋の王様」の恫喝

  4. 「菅語」を考える 論理的でない受け答え「首相の器ではない」 上西充子法政大教授

  5. 学術会議任命拒否 「100%デマですやん」 ある日ウィキペディアに自分の名前が載ってしまったら…

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです