メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

とちぎキャンパる

コロナ禍頑張る地元の店 親しんだ味と誕生秘話 /栃木

新開発した季節限定商品を手に持つ店主の坂本さん(左)とお店を手伝う奥さんの愛子さん=パン工房GRANDIR.で

 食欲の秋が到来した。しかし、新型コロナウイルスの脅威は収まらない。県内の飲食店も大きな打撃を受け、存続の危機にある店も多い。われわれ取材班は外出、特に遠出を自粛している間に改めて見つけた地元の店を紹介し、慣れ親しんだ地元の味とその店の誕生秘話を聞いた。今秋の美食の季節は、魅力あるご近所の店を訪ねてみませんか。【地元店取材班】

この記事は有料記事です。

残り2783文字(全文2947文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大人気、耳にかけないマスク 「小耳症」の人にも 誰もが当たり前に着けられるように

  2. 無期転換パートの待遇改善請求を棄却 正社員と異なる労働条件指摘 大阪地裁判決

  3. 「桜を見る会」答弁 菅首相「事実が違った場合は私にも責任」 衆参予算委詳報

  4. 「感染を制御できない」 専門家に強い危機感 会合後に漏れた本音

  5. ソフトバンクの選手が付けている目の下の「黒いアレ」って何?

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです