江戸期のグンマ、空から見よう 城絵図など紹介 明治の県文書も 県立歴史博物館 /群馬

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
展示されている「元禄上野国絵図」=群馬県立文書館所蔵
展示されている「元禄上野国絵図」=群馬県立文書館所蔵

 県立歴史博物館(高崎市綿貫町)で、企画展「空からグンマを見てみよう」が開かれている。江戸時代から明治時代にかけて作られた群馬に関する絵図と資料が紹介され、絵図はなぜ、どのようにして作られたかを解説している。12月6日まで。

 江戸時代にあった前橋城、高崎城、沼田城、館林城などの「城絵図」のほか、明治初めの地租改正時に作られ、県の行政文書の一部として伝わった「壬申地券…

この記事は有料記事です。

残り276文字(全文460文字)

あわせて読みたい

注目の特集