メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ぐるっと東日本・食べる・つながる

群馬 焼きまんじゅう 甘辛いみそだれで 庶民の味、160年以上の歴史 /東京

 「焼きまんじゅう」は小麦の栽培が盛んな群馬県の名物だ。小麦粉を蒸した素まんじゅうにみそ味のたれを塗り、串に刺して焼く。県外の人が食べてもどこか懐かしい味わいだ。焼きたてを食べに老舗の店を訪れてみた。【尾崎修二】

 名前だけ聞くと、焼いた餡(あん)入りのまんじゅうのようなイメージを持つかもしれない。実際は中に餡はない。素まんじゅうの中はパンのようにふわふわだ。それを3、4個ほど串に刺し、甘辛いみそだれを塗ってから焦げ目が付くまで焼く――これが基本的な焼きまんじゅうだ。

 「焼いていないのを5本、焼いたのを5本ください」

この記事は有料記事です。

残り975文字(全文1235文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「多くの人が納得し喜んでくれている状況ではない」 秋篠宮さま会見全文

  2. 「結婚は認める」しかし… 秋篠宮さま、重い立場に複雑 「見える形」での説明求める

  3. 「菅語」を考える 小田嶋隆さんが読む首相の「恐怖政治断行」宣言 「小さな部屋の王様」の恫喝

  4. 「親としては尊重。結婚を認める」 秋篠宮さま、眞子さまの思い表明に

  5. 「菅語」を考える 論理的でない受け答え「首相の器ではない」 上西充子法政大教授

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです