メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

台風19号1年

「女子会」で地域再生 リンゴ農家、渡辺美佐さん 存続へ離れた住民つなぐ 長野・津野地区 /長野

濃い赤色に実った秋映を収穫する渡辺美佐さん=長野市津野で2020年10月5日、島袋太輔撮影

 昨年10月の台風19号で千曲川の堤防が決壊した長野市。リンゴ栽培が盛んだった決壊地点周辺の畑は水没した。最も被害が大きかった津野地区のリンゴ農家、渡辺美佐さん(53)は自らの畑の復旧に取り組む傍ら、生活者目線で住民の声を拾い上げ、離れ離れとなった地域を再生しようと「女子会」を立ち上げ、復興に奔走する。【島袋太輔】

 「支援物資は対象者の年齢を考えてほしい。高齢者から赤ちゃんまで幅広い。布団が来たけど既にみんな買い直した後だった」「市に提出する申請書は部署ごとに毎回記入していたが、同じ項目は一括してほしい。まさに縦割り行政だった」

この記事は有料記事です。

残り732文字(全文999文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「NEWS」メンバーがコロナ感染 加藤シゲアキさんと小山慶一郎さん

  2. 「菅語」を考える 論理的でない受け答え「首相の器ではない」 上西充子法政大教授

  3. 乱交パーティー数十回主催 福岡県警職員を懲戒免職、売春防止法違反で起訴

  4. 重症者440人 急速に状況悪化 病床使用率も全国的に上昇 医療崩壊懸念

  5. 特権を問う 地位協定60年 米軍私有車、税減免14億円 政府間合意、自治体反発 19年度

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです