上城遺跡・上城城跡 古墳時代と中世の遺構 建物跡など見つかる みなべ /和歌山

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
発掘調査で見つかった古墳時代の竪穴式建物跡の柱穴=和歌山県みなべ町東吉田で、山本芳博撮影
発掘調査で見つかった古墳時代の竪穴式建物跡の柱穴=和歌山県みなべ町東吉田で、山本芳博撮影

 みなべ町東吉田の丘陵にある「上城(うえんじょ)遺跡・上城城跡」で、中世や古墳時代のものとみられる建物跡や遺物が見つかった。県教委文化遺産課の仲辻慧大さんは「古墳時代から中世にかけ、見晴らしの良い高台に人が住んでいたことが分かったのが成果だ」と話している。

 民間の宅地開発に伴い、町教委が県教委などと…

この記事は有料記事です。

残り188文字(全文338文字)

あわせて読みたい

注目の特集