メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

縁起絵巻で歴史知る 粉河寺の特別展 県立博物館 /和歌山

普段は粉河寺本堂裏側に安置される千手観音立像(中央)や、「二十八部衆」の像などが公開されている=和歌山市の和歌山県立博物館で、最上聡撮影

 770年に創建されたとされる粉河寺(紀の川市)の歴史や文化を紹介する特別展「国宝粉河寺縁起と粉河寺の歴史」が、和歌山市の県立博物館で開かれている。国宝の縁起絵巻をはじめ、同寺と寺領に伝わる仏像や仏画、古文書など150点を展示している。11月23日まで。

 縁起とは寺の由来を説明する物語で絵巻や絵図で表現される。粉河寺には複数の縁起絵巻や縁起絵図が残っており、国宝に指定された縁起絵巻は、平安~鎌倉時代に作られた日本最古級のものとされる。焼け跡が残っており、1585年の羽柴…

この記事は有料記事です。

残り356文字(全文593文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. コロナ「第2波」で自殺16%増 東京都健康長寿医療センター分析

  2. インドネシア・スラウェシ島の地震 死者42人、負傷者600人以上に

  3. 感染防止策違反に「氏名公表」は厳しすぎるリンチか 自民には「不十分」の声

  4. 自公、北海道2区補選で「不戦敗」選択 惨敗すれば首相の責任論 吉川元農相在宅起訴

  5. NHK改革最終案を了承 受信料逃れに割増金 総務省の有識者会議 

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです