連載

四国健康ナビ

毎日新聞デジタルの「四国健康ナビ」ページです。最新のニュース、記事をまとめています。

連載一覧

連載 四国健康ナビ

高齢女性に多い骨盤臓器脱 徳島大学病院泌尿器科 山本恭代講師 /四国

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 骨盤臓器脱とは、子宮・膀胱・直腸など骨盤内の臓器が下がり、膣から外に飛び出してくる病気の総称です。下垂している臓器により、子宮脱、膀胱(ぼうこう)瘤、直腸瘤と呼びます。高齢女性に多く、出産を経験した女性の30~40%にみられると報告されています。症状は、陰部にピンポン玉のようなものが触れる、何か挟まる感じがする、頻尿や尿失禁、排尿困難や便秘などです。かなり生活に支障をきたしても、どこに相談したら良いのか悩まれている方もいます。「女性泌尿器科」を扱っている泌尿器科か婦人科を受診してください。

 骨盤臓器脱の原因は、妊娠や出産、加齢により、骨盤を支えている筋肉や靱帯(じんたい)からなる骨盤底筋群が弱ってくることです。便秘や肥満、腹圧をかける動作などが症状を悪化させます。診断は、問診や内診で行い、エコーやMRIで下垂の程度や子宮や卵巣、膀胱の異常の有無を調べます。

この記事は有料記事です。

残り431文字(全文815文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集