特集

学術会議任命拒否

日本学術会議が推薦した新会員候補6人を菅首相が任命しなかった。極めて異例の事態の背景や問題点を追います。

特集一覧

そこが聞きたい

学術会議問題の核心=日本学術会議政治学委員長・苅部直氏

  • コメント
  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
日本学術会議政治学委員長・苅部直氏
日本学術会議政治学委員長・苅部直氏

 日本学術会議新会員候補の菅義偉首相による任命拒否は、「学問の自由」の侵害だとされる。そもそも、何が根本的な問題なのか。日本学術会議政治学委員会委員長の苅部直東京大教授は、任命拒否が大学自治への政府の介入に道を開くと危惧し、社会の自由度や寛容度を下げると警鐘を鳴らしている。【聞き手・鈴木英生】

もの言う意思が萎縮

――任命拒否は、学問の自由を侵害したと言えるでしょうか?

 学術会議は、研究・教育の場そのものではないから、「直ちに学問の自由の侵害とはならない」という見方も、一定程度は理解できなくもない。しかし、今回の手法は、国立大学法人の学長人事==などに拡大適用されかねない。こうなると、大学の自治は大幅に奪われ、研究・教育の内容を政府が監視・統制することにつながる。学問の自由の侵害に、やはり行き着いてしまう。政府は任命拒否の根拠を、憲法15条の、国民がもつ公務員の…

この記事は有料記事です。

残り1563文字(全文1947文字)

【学術会議任命拒否】

時系列で見る

コメント

※ 投稿は利用規約に同意したものとみなします。

あわせて読みたい

注目の特集