メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

そこが聞きたい

学術会議問題の核心=日本学術会議政治学委員長・苅部直氏

日本学術会議政治学委員長・苅部直氏

 日本学術会議新会員候補の菅義偉首相による任命拒否は、「学問の自由」の侵害だとされる。そもそも、何が根本的な問題なのか。日本学術会議政治学委員会委員長の苅部直東京大教授は、任命拒否が大学自治への政府の介入に道を開くと危惧し、社会の自由度や寛容度を下げると警鐘を鳴らしている。【聞き手・鈴木英生】

もの言う意思が萎縮

――任命拒否は、学問の自由を侵害したと言えるでしょうか?

 学術会議は、研究・教育の場そのものではないから、「直ちに学問の自由の侵害とはならない」という見方も、一定程度は理解できなくもない。しかし、今回の手法は、国立大学法人の学長人事==などに拡大適用されかねない。こうなると、大学の自治は大幅に奪われ、研究・教育の内容を政府が監視・統制することにつながる。学問の自由の侵害に、やはり行き着いてしまう。政府は任命拒否の根拠を、憲法15条の、国民がもつ公務員の…

この記事は有料記事です。

残り1563文字(全文1947文字)

コメント

投稿について

読者の皆さんと議論を深める記事です。たくさんの自由で率直なご意見をお待ちしています。

※ 投稿は利用規約に同意したものとみなします。

利用規約

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. GSで偽1000円札使われる 山口・下関 透かしある手の込んだ作り 記番号や印影はなし

  2. 時短に「またか」「悩む」 東京都内の飲食店悲鳴 「従わないと白い目で…」

  3. ソフトバンクが日本一 巨人に4連勝し、4年連続11回目 シリーズ最多12連勝

  4. 「感染を制御できない」 専門家に強い危機感 会合後に漏れた本音

  5. 経路不明急増、保健所パンク…「日本モデル」もう限界 「政府も危機感共有を」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです