メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

くらしナビ・環境

「本丸」残った外来ザリガニ規制 特定外来生物、法律で指定

 外来種の中には農作物や家畜など有益な生物も少なくない。欧州原産のシロツメクサのように、国内で身近な生物として定着したものもある。

 外来生物法(2005年施行)では、明治時代以降に持ち込まれた生物のうち、被害について科学的知見のある侵略的外来種を「特定外来生物」に指定。飼育・栽培や輸入、屋外に放つことを原則として禁止している。無許可輸入の場合、個人は3年以下の懲役か300万円以下の罰金、法人は1億円以下の罰金が科される。指定は現在、148種類。11月2日に外来ザリガニなど14種類が追加される。科学的知見が不十分な場合も「未判定外来生物」に分類されると、輸入には事前…

この記事は有料記事です。

残り428文字(全文713文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京オリンピック感染対策、難題手つかずで越年 定まらぬ観客対応、膨張する費用

  2. 菅政権への打撃必至 吉川元農相の現金授受疑惑 野党「私物化政治の極み」と批判

  3. 野党4党、会期延長動議提出へ 菅政権「逃げ切り」批判 自民は「しない」明言

  4. 決勝はホンダvsNTT東日本 ともに3回目の優勝目指し、3日対戦 都市対抗

  5. 判決に涙を流した周庭氏 禁錮10月の実刑で初の収監、保釈申請も却下 香港

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです