メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

プロ野球 2020ドラフト会議(その1) 近大・佐藤「浜風に負けない」

ドラフト会議で阪神から1位指名を受け、近畿大学が養殖を手掛けるマグロの模型の前でポーズを取る近大の佐藤輝明選手=東大阪市で2020年10月26日午後6時46分、山崎一輝撮影

 (NPB DRAFT2020! supported by リポビタンD)

 プロ野球の新人選手選択(ドラフト)会議は26日、東京都内のホテルであり、大学球界屈指の好投手で最速155キロ左腕の早大・早川隆久投手は楽天、関西学生リーグ通算最多14本塁打の走攻守そろった強打者、近大・佐藤輝明内野手は阪神がそれぞれ交渉権を獲得した。ともに1位指名で4球団が競合し、抽選となった。

 早川はヤクルト、楽天、西武、ロッテ、佐藤はオリックス、阪神、ソフトバンク、巨人が競合。楽天は石井ゼネラルマネジャー(GM)、阪神は矢野監督が引き当てた。

この記事は有料記事です。

残り4937文字(全文5200文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 金城茉奈さん、病気のため死去 享年25歳 『リュウソウジャー』龍井うい役で出演

  2. 見る探る 「これはいじめではないか…」アンジャッシュ・渡部建さんの謝罪会見に行ってみた

  3. 餌代ありがとう ヒツジ200頭、感謝を込めて「うし」 千葉・マザー牧場

  4. 全国高校ラグビーの組み合わせ決定 王者・桐蔭学園は茗渓学園と対戦

  5. 「限界。今こそ経済より感染対策を」 崩壊寸前の医療現場 影響は一般患者にも

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです