メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

プロ野球 2020ドラフト会議(その2止) 楽天 早川指名、ワシづかみ 4球団競合「うれしい」

楽天に1位指名され記者会見で写真撮影に応じる早大の早川=宮間俊樹撮影

 注目の指名から約2時間半後。早川は大学の授業を終えた直後に西東京市の早大野球部練習場で記者会見し「4球団に指名され、ここまで評価されたことは率直にうれしい。即戦力で試合に出たい」と喜びを語った。

 早川は最速155キロの直球に加え、カットボール、ツーシーム、スライダー、チェンジアップと多彩な変化球を操る大学屈指の好左腕。変化球でも試合を組み立てられる制球力も高い評価を得た。早川は「スピードに注目されがちだが、変化球を丁寧に投げ分けて試合を作るのが自分の武器」と強調し、「大学4年間で培ってきたものをプロでも発揮したい」と意気込みを語った。

 千葉・木更津総合高3年時には春夏の甲子園に連続出場を果たし、ともにベスト8入りに貢献。当時もプロから注目されたが、実力不足を感じてプロ志望届を出さずに大学へ進んだ。東京六大学リーグでは1年春から登板し、2019年から指揮官となったプロ野球通算117勝の小宮山悟監督の下でさらなる進化を遂げた。

この記事は有料記事です。

残り2306文字(全文2724文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「NEWS」メンバーがコロナ感染 加藤シゲアキさんと小山慶一郎さん

  2. 乱交パーティー数十回主催 福岡県警職員を懲戒免職、売春防止法違反で起訴

  3. 重症者440人 急速に状況悪化 病床使用率も全国的に上昇 医療崩壊懸念

  4. 「菅語」を考える 論理的でない受け答え「首相の器ではない」 上西充子法政大教授

  5. 「感染を制御できない」 専門家に強い危機感 会合後に漏れた本音

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです