メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

遊戯三昧

30歳錦織、再起への鍵=杉山愛

 <遊戯三昧(ゆげざんまい)>

 昨年10月の右肘の手術を経て、9月上旬に実戦復帰を果たした圭(錦織)が約1年ぶりの4大大会となる全仏オープンに出場した。結果は2回戦敗退で、その後は右肩のけがでツアーを棄権した。周囲は不安に思うかもしれないが、サーブのフォーム改善やネットプレーを生かしたテニスを模索する姿勢を見て、まだまだ頑張れると期待している。

 サーブは、トスを上げてから打つまでの形に変化が見られた。テークバックの際の腕の角度で、効果的に体をひねることができている。悪い時は体が早く正面を向いてしまうために頭が早く下がるが、その点は修正できていた。以前はダブルフォールトを避けるために慎重に放ったセカンド(第2)サーブを相手に狙われ、攻撃を仕掛けられるケースが多かったが、セカンドサーブにも改善が見られていたのは好印象だった。もう少し上まで勝…

この記事は有料記事です。

残り567文字(全文940文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「菅語」を考える 小田嶋隆さんが読む首相の「恐怖政治断行」宣言 「小さな部屋の王様」の恫喝

  2. 「鬼滅の刃」興行収入275億円 「タイタニック」超え、歴代2位に

  3. 山形女医殺害「殺意なかった」 元大学生の被告、一部否認 地裁初公判

  4. 「菅語」を考える 論理的でない受け答え「首相の器ではない」 上西充子法政大教授

  5. 米砂漠の“謎の金属柱”消える 連邦政府機関「未知の個人・集団が撤去」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです