千代田区長名で資料請求、下見時も区長家族と認識 マンション販売会社が百条委で証言

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
東京都千代田区の石川雅己区長=川村咲平撮影
東京都千代田区の石川雅己区長=川村咲平撮影

 東京都千代田区の石川雅己区長がマンションの地権者らに優先提供される「事業協力者住戸」を購入していた問題で、マンション販売会社は26日、区長の名前で資料請求があり、モデルルームの下見段階から相手が区長の家族であると認識していたことを認めた。一般住戸から事業協力者住戸に切り替えたことは「販売戦略上の理由」…

この記事は有料記事です。

残り228文字(全文380文字)

あわせて読みたい

ニュース特集