特集

学術会議任命拒否

日本学術会議が推薦した新会員候補6人を菅首相が任命しなかった。極めて異例の事態の背景や問題点を追います。

特集一覧

加藤官房長官、04年文書「将来の任命拒否の可能性排除するものでない」

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
加藤勝信官房長官=竹内幹撮影
加藤勝信官房長官=竹内幹撮影

 加藤勝信官房長官は27日の記者会見で、日本学術会議の任命拒否問題を巡り、政府が現行の推薦方式を導入した2004年に「首相が任命を拒否することは想定されていない」と内部資料に明記していたことを認めた上で、「首相が推薦の通り任命しないことが、法的に許容されないことを述べたものではない」と述べ、任命拒否は法的に問題はないとの見解を示した。

 内部資料は、04年に日本学術会議法を改正する際にまとめた総務省の説明資料。法改正で、会員選出が各学会による推薦制から現行の会員による推薦制へと変更された。加藤氏は「(1983年の法改正で)推薦制が導入されて以降、推薦の通り任命が行われてきた実績に鑑み、『首相が任命を拒否することは想定されていない』と当時の認識が記されている」とした上で「将来において任命に至らない者が生じる可能性を排除するものでは…

この記事は有料記事です。

残り218文字(全文586文字)

【学術会議任命拒否】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

注目の特集