立憲、社民が合流で幹事長協議 吉田氏、離党認める議案諮ると伝達

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
【左】立憲民主党の福山哲郎幹事長【右】社民党の吉田忠智幹事長
【左】立憲民主党の福山哲郎幹事長【右】社民党の吉田忠智幹事長

 立憲民主党の福山哲郎、社民党の吉田忠智両幹事長は27日、国会内で合流問題について協議した。吉田氏は11月14日の社民の臨時党大会で、立憲入りを希望する議員の離党を認める議案を諮ると伝えた。福山氏は「全体としての合流はないのは若干残念だが、前向きな議案だ」と歓迎した。

 社民は党大会で「社民党を残して社会民主…

この記事は有料記事です。

残り120文字(全文274文字)

あわせて読みたい

注目の特集