メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

アリペイ運営「アント」過去最高の3.6兆円調達へ 11月に上海と香港で新規上場

アリペイのロゴ=中国・上海で9月14日、ロイター共同

 中国の電子商取引最大手アリババ集団傘下で、スマートフォン決済サービス「アリペイ」を運営する金融子会社アント・グループが、11月に予定する上海と香港の両証券取引所への新規上場で約3兆6000億円を調達する見通しとなった。昨年12月にサウジアラビアで上場したサウジ国営で世界最大の石油会社、サウジアラムコの294億ドル(約3兆800億円)を抜き、過去最高となる。

 アントが27日までに両取引所に提出した資料によると、上海での新規株式公開(IPO)による公募価格は1株68・80元、香港では80香港ドルで、ともに日本円で約1080円。それぞれ約16億7000万株を発行する。公募価格をもとにした時価総額は約2・1兆元(約32兆円)で、世界の主要金融グループでもトップクラスとなる。

この記事は有料記事です。

残り376文字(全文714文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 質問15項目に菅首相答弁わずか10分 野党反発、与党も「さすがにまずい」

  2. 緊急事態宣言の非科学性

  3. 政府のワクチン調達に狂い 当面は「ファイザー頼み」 治験遅れで他社は春以降

  4. 二階氏「ケチつけるな」に見え隠れする「権力集中の弊害」

  5. 核禁条約発効 廃絶に向け思考停止から脱しなければ 中満泉・国連事務次長

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです