メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

タイ首相、改憲手続き表明 臨時国会で デモの早期沈静化図る

ドイツ大使館に向けてデモ行進する市民ら=バンコクで2020年10月26日、AP

 王室改革やプラユット首相の辞任を求め、学生主導の反体制デモが続くタイで26日、臨時国会が開かれ、プラユット氏は憲法改正の手続きを進める考えを表明した。一方、デモ隊は首都バンコクのドイツ大使館に向けて行進。約1万人が集まり、ワチラロンコン国王が大半を過ごす同国から国事行為を行っているか調査を求める要望書を提出した。

 プラユット氏は学生らが主要な要求に掲げる改憲論議を加速することで、デモの早期沈静化を図る思惑。しかしデモ隊側はドイツも巻き込み、問題を国内外に広く訴える狙いがあるとみられる。

この記事は有料記事です。

残り346文字(全文592文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 全国で2529人感染確認 東京・愛知で最多 死者新たに31人、計2109人

  2. GoTo停止 官邸「東京まだ逼迫してない」 札幌・大阪発自粛要請

  3. 全国で新たに1945人の感染を確認 死者は21人増え、計2049人に

  4. 嘉穂劇場の運営団体解散へ コロナで経営難、30日決議 福岡・飯塚

  5. 大阪府の感染状況は「緊急事態宣言級」 専門家が憂う最悪の事態とは

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです