特集

2020米大統領選

2020年11月に行われた米大統領選。共和党のトランプ大統領と民主党のバイデン氏が争い、バイデン氏が勝利した。

特集一覧

米国の選択

1992年 「第三の候補」~決戦の歴史⑤

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
1992年の米大統領選は、「第3の候補」となった実業家のペロー氏(中央)が旋風を巻き起こした。あおりをくらい、ブッシュ大統領(右)は再選に失敗し、新人のクリントン氏(左)が当選した=1992年10月、ロイター
1992年の米大統領選は、「第3の候補」となった実業家のペロー氏(中央)が旋風を巻き起こした。あおりをくらい、ブッシュ大統領(右)は再選に失敗し、新人のクリントン氏(左)が当選した=1992年10月、ロイター

 共和、民主両党の候補者によるマッチレースとなることが多い米大統領選だが、1992年はひと味違う選挙戦となった。共和党のジョージ・ブッシュ大統領(父)に民主党のアーカンソー州知事、ビル・クリントン氏が挑んだ選挙で、実業家のロス・ペロー氏が旋風を巻き起こした。

 ペロー氏は、自身が設立したIT企業を自動車大手ゼネラル・モーターズ(GM)に売却した利益などで推定35億ドル(当時のレートで約4200億円)の資産を築いた大富豪だった。92年2月にCNNテレビのトーク番組で「全米50州で候補者名簿に載ったら大統領選に出馬する」と宣言。既存政党への不信感などを背景に、6月の世論調査ではブッシ…

この記事は有料記事です。

残り439文字(全文731文字)

【2020米大統領選】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

ニュース特集