特集

2020米大統領選

2020年11月に行われた米大統領選。共和党のトランプ大統領と民主党のバイデン氏が争い、バイデン氏が勝利した。

特集一覧

米国の選択

国際協調を否定 パリ協定、WHO「脱退表明」争点に~トランプの4年 外交⑥

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
トランプ大統領=AP
トランプ大統領=AP

 トランプ米大統領は2017年6月、地球温暖化対策の国際枠組み「パリ協定」からの離脱を表明した。協定が「米国にとって非常に不公平」と内向きの主張を繰り返し、国際協調に背を向ける姿勢を改めて鮮明にした。

 トランプ氏は環境より雇用を優先する立場をとり、すでに16年大統領選で協定からの離脱を公約に掲げていた。離脱表明演説では、協定を「米国経済を弱らせ、労働者の手足を縛り、国家の主権を脅かす」と強く批判した。世界的に脱炭素化が進む中、米国が温暖化対策を巡る国際交渉の主導権を手放せば国益を損なうとの批判も出たが、トランプ氏は19年11月…

この記事は有料記事です。

残り401文字(全文667文字)

【2020米大統領選】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

ニュース特集