メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

子育て女性、新型コロナで休業後の復帰遅れる 男性と差 労働政策研調査

労働政策研究・研修機構のホームページ

 新型コロナウイルス感染拡大による緊急事態宣言の解除後、子育て中の女性の仕事復帰が大きく遅れたことが、労働政策研究・研修機構の調査で分かった。宣言以降、休業に転じた人のうち、全体では半分程度が2カ月で仕事に戻ったが、子育て中の女性だけは、ほとんど戻れていなかった。分散登校や保育園の登園自粛要請などに伴い、家事や育児の女性への負担が続いたとみられる。

 調査によると、宣言前の4月1日時点で働いていたが休業した人の割合は5月末が3・3%で、2カ月後には1・6%にまで回復した。一方で「18歳未満の子どもがいる人」で見ると女性は7・1%から6・1%とわずかな変化にとどまった。同じ条件の男性は1・0%から0・3%だった。

この記事は有料記事です。

残り360文字(全文668文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. トランプ氏「ホワイトハウスを去る」 バイデン氏の当選確定したら 負けは認めず

  2. 日立製作所vsヤマハ 第6日第1試合スタメン 午前10時から 都市対抗野球

  3. 一斉休校は「科学より政治」の悪い例 クルーズ船対応の失敗を告発した岩田教授に聞く

  4. コロナ禍に売り上げ急回復、相次ぐ新規出店 焼き肉店が好調なワケ

  5. 「緊急事態宣言でも一斉休校せず」  萩生田文科相 共通テストも「予定通り」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです