中古車トラブルで原告勝訴 販売業者が未納車「大雨で冠水」伝えず 名古屋地裁

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
名古屋地裁=名古屋市中区で、川瀬慎一朗撮影
名古屋地裁=名古屋市中区で、川瀬慎一朗撮影

 中古車を購入したのに納車されなかったとして、名古屋市の男性(36)が岐阜市の中古車販売業者に代金支払いを求めた訴訟で、名古屋地裁(平野望裁判官)は27日、業者に271万円全額を支払うよう命じる判決を言い渡した。業者はこの日を含む3回とも出廷せず、判決は請求を全て認めた。

 判決によると、男性は2月、業者から中古ミニバン1台を271万円で購入する契約を結び、同月中に全額支払った。業者は当初3月下旬に納車すると説明したが…

この記事は有料記事です。

残り315文字(全文525文字)

あわせて読みたい

ニュース特集