メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

月に想定以上の水存在か 米大などのチームが英科学誌に発表

5日にドイツ・フランクフルトから撮影された月=AP共同

 月面で水が氷の状態で存在する可能性のある領域は、従来の想定より広い4万平方キロに上るとの推計を、米コロラド大などのチームが26日、英科学誌ネイチャー・アストロノミーに発表した。米航空宇宙局(NASA)などのチームも、月面の日の当たる場所で初めて水分子を確認したと同誌に発表した。いずれも月に思ったより多くの水がある可能性を示している。

 月の水は将来の探査で人間の飲料や、水素と酸素に分解してロケットの燃料に活用することが期待されている。NASAの2024年からの有人探査「アルテミス計画」にも弾みがつきそうだ。

この記事は有料記事です。

残り256文字(全文512文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 質問15項目に菅首相答弁わずか10分 野党反発、与党も「さすがにまずい」

  2. 首相答弁、15項目10分 野党不満噴出 参院代表質問

  3. 第75回毎日映画コンクール 大賞「MOTHERマザー」 優秀賞「アンダードッグ」

  4. 余録 退任間近の大統領…

  5. 政府のワクチン調達に狂い 当面は「ファイザー頼み」 治験遅れで他社は春以降

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです