メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ガラシャの悲劇、モノオペラで表現 歌手・田中彩子さんら上演へ 11月・京都

「モノオペラ ガラシャ」で、ガラシャを演じるソプラノ歌手の田中彩子さん=京都府丹後広域振興局で2020年10月27日午前11時2分、松野和生撮影

 戦国武将・明智光秀の娘で、非業の死を遂げた細川ガラシャをテーマにした「モノオペラ ガラシャ」が11月22日、京都府京丹後市峰山町の府丹後文化会館で上演される。舞鶴市出身で、オーストリアのウィーンを拠点に世界各地で活躍するソプラノ歌手の田中彩子さん(36)がガラシャを演じ、ガラシャをモチーフにした戯曲を出版している劇作家・翻訳家の横島昇さん(67)=同市弥栄町和田野=が脚本を担当した。京丹後市には本能寺の変後、逆臣の娘となったガラシャが幽閉されたとされる地がある。田中さんらは27日、府丹後広域振興局で記者会見し、公演内容などを発表した。

 モノオペラは少人数の配役と伴奏で演じられるオペラ。作品は5幕から成り、細川家の重臣でガラシャの介錯人となった武将・小笠原少斎の目を通して描かれる。少斎役は俳優の升毅さんが演じ、現代音楽を手がける外国人作曲家が曲を手がけた。登場人物はガラシャと少斎だけで、少斎による独白の演技で物語が進行する。歌のほぼ全てが歌詞のない母音だけの発声で奏で、ピアノやフルートなど四つの楽器による演奏が加わる。

この記事は有料記事です。

残り423文字(全文889文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 鼻出しマスクで失格の40代受験生、トイレにこもり警察出動 注意されせき込む仕草も

  2. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  3. 「午後8時には閉めない」反旗を翻した外食チェーンの本気

  4. 変異株の感染確認、なぜ静岡で 英国滞在歴なし 厚労省クラスター班調査へ

  5. 声なき声を捕捉せよ コロナと連動する菅内閣支持率

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです