メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外旧優生保護法は「違憲」 賠償請求は棄却 大阪地裁

収穫直前のミニトマト100キロ盗まれる 生産者の悲しみと怒り 熊本・玉名

 熊本県玉名市横島町のビニールハウスから、収穫直前のミニトマト約100キロが盗まれた。2016年の熊本地震や20年7月の九州豪雨、新型コロナウイルス感染拡大の影響にも耐えて育ててきた農家にとって、赤く熟したトマトは宝物だった。それがこつぜんと消え、生産者は悲しみと怒りに打ちひしがれている。

 「突然のことで、最初は何が起きているのか分からなかった」。21日朝に被害に気付いた農家の林田裕美さん(39)は、27日に現場を訪れた記者に困惑した表情を見せた。

 21日午前9時半ごろ、収穫作業をしていた林田さんは、数日前まであったはずのミニトマトがハウスの一角でごっそりなくなっているのに気付いた。130アールのうち15アールで、約100キロ(約10万円相当)のトマトがもぎ取られていた。ハウス内で約80メートルの列で植えたトマトが4列半にわたって盗まれており、林田さんは「20年以上栽培してきた私でも、これだけの量を収穫するには3時間以上かかる。経験のある人…

この記事は有料記事です。

残り622文字(全文1048文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「菅語」を考える 小田嶋隆さんが読む首相の「恐怖政治断行」宣言 「小さな部屋の王様」の恫喝

  2. 「鬼滅の刃」興行収入275億円 「タイタニック」超え、歴代2位に

  3. 山形女医殺害「殺意なかった」 元大学生の被告、一部否認 地裁初公判

  4. 「菅語」を考える 論理的でない受け答え「首相の器ではない」 上西充子法政大教授

  5. 米砂漠の“謎の金属柱”消える 連邦政府機関「未知の個人・集団が撤去」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです