収穫直前のミニトマト100キロ盗まれる 生産者の悲しみと怒り 熊本・玉名

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 熊本県玉名市横島町のビニールハウスから、収穫直前のミニトマト約100キロが盗まれた。2016年の熊本地震や20年7月の九州豪雨、新型コロナウイルス感染拡大の影響にも耐えて育ててきた農家にとって、赤く熟したトマトは宝物だった。それがこつぜんと消え、生産者は悲しみと怒りに打ちひしがれている。

 「突然のことで、最初は何が起きているのか分からなかった」。21日朝に被害に気付いた農家の林田裕美さん(39)は、27日に現場を訪れた記者に困惑した表情を見せた。

 21日午前9時半ごろ、収穫作業をしていた林田さんは、数日前まであったはずのミニトマトがハウスの一角でごっそりなくなっているのに気付いた。130アールのうち15アールで、約100キロ(約10万円相当)のトマトがもぎ取られていた。ハウス内で約80メートルの列で植えたトマトが4列半にわたって盗まれており、林田さんは「20年以上栽培してきた私でも、これだけの量を収穫するには3時間以上かかる。経験のある人…

この記事は有料記事です。

残り622文字(全文1048文字)

あわせて読みたい

注目の特集