特集

東京パラリンピック

東京パラリンピックに関する特集ページです。

特集一覧

Passion

全日本アーチェリーに出場へ 五輪との二刀流に憧れる重定知佳

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
アーチェリーの全日本選手権に出場する東京パラリンピック代表内定の重定知佳=林テレンプ提供
アーチェリーの全日本選手権に出場する東京パラリンピック代表内定の重定知佳=林テレンプ提供

 28日で開幕300日前を迎えた東京パラリンピックのアーチェリー日本代表に内定している重定知佳(37)=林テレンプ=が、今月31日に開幕する全日本選手権(愛知・岡崎市龍北総合運動場)に出場する。同選手権のリカーブ部門にパラの車いす選手が参加するのは異例だが、「確かに私は車いすに座っているが、気にはしていない」と重定。見据えているのは70メートル先の的だけだ。【高橋秀明、谷口拓未】

 北九州市出身の重定は中学2年の時、脊髄(せきずい)の難病で胸から下の運動機能が弱まり、車いすユーザーになった。高校卒業後に車いすテニスを始め、引退後、2015年から「一人で気楽に始められそう」なアーチェリーに取り組んだ。18年アジアパラ大会では、16年リオデジャネイロ・パラリンピック男子リカーブ7位の上山友裕とコンビを組んだリカーブ混合団体で、銀メダルを獲得。東京パラリンピックの出場権も既に得て…

この記事は有料記事です。

残り490文字(全文881文字)

【東京パラリンピック】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

ニュース特集