ソフトバンク、パ・リーグ制覇 3年ぶり19回目 コロナで胴上げなきV

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
【ソフトバンク-ロッテ】六回裏ソフトバンク2死三塁、左越えに2点本塁打を放ち和田とハイタッチする甲斐(右手前)=ペイペイドームで2020年10月27日、徳野仁子撮影
【ソフトバンク-ロッテ】六回裏ソフトバンク2死三塁、左越えに2点本塁打を放ち和田とハイタッチする甲斐(右手前)=ペイペイドームで2020年10月27日、徳野仁子撮影

 プロ野球のパ・リーグは27日、福岡ソフトバンクホークスが3年ぶり19回目(前身の南海、ダイエー時代を含む。ほかに1リーグ時代に2回)の優勝を果たした。優勝へのマジックナンバーを「2」としていたソフトバンクは同日、福岡市の福岡ペイペイドームであった2位・ロッテとの直接対決に5―1で勝利した。6年目の工藤公康監督(57)は3度目のリーグ制覇…

この記事は有料記事です。

残り256文字(全文426文字)

あわせて読みたい

注目の特集