メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ソフトバンク、王者の貫禄 苦難のシーズン乗り越え 胴上げなきリーグV

【ソフトバンク-ロッテ】リーグ優勝を決め、抱き合って喜ぶソフトバンクの森(左)と甲斐=ペイペイドームで2020年10月27日午後9時19分、矢頭智剛撮影

○ソフトバンク5―1ロッテ●(27日・ペイ)

 ソフトバンクがロッテを破り、3年ぶりのリーグ優勝を飾った。

 ソフトバンクの守護神・森が最後の打者を二ゴロに打ち取ると、マスク姿の工藤監督らが一斉にベンチから飛び出した。新型コロナウイルス感染防止のため、恒例の胴上げは自粛。選手会長・中村晃の音頭で万歳三唱をして約2万人のファンと3年ぶりの優勝を喜んだ。

 そつのない攻めに豪快な一発。安定感のある先発投手と盤石の救援陣。ソフトバンクの強さを象徴する勝ち方で貫禄を示した。

この記事は有料記事です。

残り593文字(全文825文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ピンクマスクでいじめNO 名張高生が学校祭で配布し呼びかけ 三重

  2. 東京都内で570人の感染確認 過去最多を更新 重症者1人増え61人

  3. 原子力規制委にサイバー攻撃 「機密性2」に不正侵入か 警視庁が捜査

  4. 視聴室 まさかまさかの2020 大家族石田さんチ

  5. 「5000円でもできる」強弁 桜を見る会迷走、はぐらかしの菅氏答弁を振り返る

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです