タカ優勝 異例のシーズン、先頭に立ってチームまとめた選手会長の中村晃

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
【ソフトバンク-ロッテ】リーグ優勝を決めてペナントを受け取り、工藤監督(右)と笑顔をかわす中村晃=ペイペイドームで2020年10月27日午後9時44分、徳野仁子撮影
【ソフトバンク-ロッテ】リーグ優勝を決めてペナントを受け取り、工藤監督(右)と笑顔をかわす中村晃=ペイペイドームで2020年10月27日午後9時44分、徳野仁子撮影

 プロ野球パ・リーグで27日、3年ぶり19回目のリーグ優勝を果たしたソフトバンク。新型コロナウイルス感染拡大の影響で開幕が約3カ月遅れ、当初無観客だった異例のシーズンに挑んだチームを、先頭に立ってまとめたのが選手会長の中村晃外野手(30)だ。優勝が決まると歓喜の輪に加わり、自身の音頭で万歳三唱をして喜んだ。

 プロ13年目の中村晃は昨年オフに選手会長に就任した。2月下旬の春季キャンプ最終日には選手全員の前で「素晴らしいシーズンだったと言えるようにしよう」と意気揚々とあいさつした。

この記事は有料記事です。

残り644文字(全文885文字)

あわせて読みたい

注目の特集