メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

タカ優勝 異例のシーズン、先頭に立ってチームまとめた選手会長の中村晃

【ソフトバンク-ロッテ】リーグ優勝を決めてペナントを受け取り、工藤監督(右)と笑顔をかわす中村晃=ペイペイドームで2020年10月27日午後9時44分、徳野仁子撮影

 プロ野球パ・リーグで27日、3年ぶり19回目のリーグ優勝を果たしたソフトバンク。新型コロナウイルス感染拡大の影響で開幕が約3カ月遅れ、当初無観客だった異例のシーズンに挑んだチームを、先頭に立ってまとめたのが選手会長の中村晃外野手(30)だ。優勝が決まると歓喜の輪に加わり、自身の音頭で万歳三唱をして喜んだ。

 プロ13年目の中村晃は昨年オフに選手会長に就任した。2月下旬の春季キャンプ最終日には選手全員の前で「素晴らしいシーズンだったと言えるようにしよう」と意気揚々とあいさつした。

この記事は有料記事です。

残り644文字(全文885文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 金城茉奈さん、病気のため死去 享年25歳 『リュウソウジャー』龍井うい役で出演

  2. 見る探る 「これはいじめではないか…」アンジャッシュ・渡部建さんの謝罪会見に行ってみた

  3. 餌代ありがとう ヒツジ200頭、感謝を込めて「うし」 千葉・マザー牧場

  4. 全国高校ラグビーの組み合わせ決定 王者・桐蔭学園は茗渓学園と対戦

  5. 「限界。今こそ経済より感染対策を」 崩壊寸前の医療現場 影響は一般患者にも

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです