メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

自粛中、映像や本見て学んだこと生きた 優勝のソフトバンク・石川柊太投手

石川柊太 プロ野球選手 福岡ソフトバンクホークス 投手

 今季初めて開幕ローテーション入りし、ここまでチームトップタイの9勝を挙げているソフトバンク・石川柊太投手(28)が、3年ぶりのリーグ制覇に貢献した今季を振り返った。

 これまでにも先発ローテーションで回ったことはありましたが、打ち込まれるなど課題があって中継ぎになりました。今年もシーズン中盤までは自分の投球ができましたが、9月に勝てない時期が続き、また同じ流れになるのか、乗り越えられるのかという闘いが自分の中でありました。

 そのため次の登板までの1週間の過ごし方を変えました。技術の練習に加え、休むことを大事にしました。投手は、投げない、ランニングをしないというのは不安になります。でもやらない勇気も必要で、自分自身のマネジメントをしました。

この記事は有料記事です。

残り638文字(全文961文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 判決に涙を流した周庭氏 禁錮10月の実刑で初の収監、保釈申請も却下 香港

  2. 菅政権への打撃必至 吉川元農相の現金授受疑惑 野党「私物化政治の極み」と批判

  3. 決勝はホンダvsNTT東日本 ともに3回目の優勝目指し、3日対戦 都市対抗

  4. セガサミー「助っ人ルーキー」大内が躍動、充実感も 「来年は自チームで」 都市対抗

  5. 偽の「市長意見書」を離婚訴訟で証拠提出 容疑の福知山市職員逮捕 京都府警

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです