メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

無人の五輪選手村に明かり、なぜ 組織委「警備・安全のため」 東京・晴海

廊下など共用部分の明かりがともる選手村の建物=東京都中央区で2020年9月28日、宮間俊樹撮影

 東京オリンピック・パラリンピックの選手村(東京都中央区晴海)に夜、明かりがこうこうとともっているという。大会は来夏に延期され、無人のはずの施設になぜ照明がついているのか。その費用は誰が負担しているのか。現場を訪ねた。

「電気代もったいない」

 9月末の午後7時過ぎ、青く光るレインボーブリッジを見渡す選手村のマンション群が、1000を超える光を放っていた。街灯だけでなく、21ある宿泊棟は一部を除き、各階とも階段や廊下の照明が点灯している。手前にある柵と「関係者以外立ち入り禁止」の看板以外は、住人のいるマンションと見た目は変わりない。

 三方を海に囲まれ、開けた立地だ。海風は心地よく、選手村の中央を通って外周につながる道路は、近隣のタワーマンションに住む人々のランニングコースになっていた。近くの勤務先から徒歩で帰宅途中の千葉県松戸市の女性派遣社員(51)は「防犯のためかなと思ったんですけど、一部じゃなく全体がついていて。誰かいるのかなと思っていました」と話す。

この記事は有料記事です。

残り900文字(全文1332文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 捜査員に知らされた姉の犠牲 「まさか路上生活とは」「理不尽」渋谷傷害致死

  2. ゴーン被告「恣意的な拘禁」 国連作業部会が意見書 日本政府は異議申し立て

  3. NYダウ、一時300ドル超高 ワクチン開発進展の期待で

  4. 岩手県で初の死者確認 全国の感染者は13万5430人に 新型コロナ

  5. 東京・渋谷女性傷害致死 事件前日「金あげるからどいて」 容疑者、断られ立腹 殴打の袋に石

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです