連載

沖縄、台湾をつむぐ

琉球王に仕えた名家・川平家。琉球処分から日本統治下の台湾、戦後の沖縄へ。激動の時代をたどり、沖縄と台湾を見つめます。

連載一覧

沖縄、台湾をつむぐ

川平家物語/3 琉球国の崩壊、目の当たり

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
1872年、琉球使節で東京を訪れた川平朝彬さんが芝で撮影した。ガラス乾板に写された貴重な写真だ=那覇市の川平家で
1872年、琉球使節で東京を訪れた川平朝彬さんが芝で撮影した。ガラス乾板に写された貴重な写真だ=那覇市の川平家で

 ガラス乾板に写された古い写真がある。「かたかしら」と呼ばれる琉球の成人男性が結うまげにひげを伸ばしている。眼光鋭く、威厳あふれる風貌が目を引く。1872年、明治新政府を祝うため琉球使節の一員として東京を訪れた川平朝彬(かびらちょうひん)さんが、芝で撮影した。朝清(ちょうせい)さん(93)の祖父だ。

 「尚泰(しょうたい)を琉球藩王となし、華族に列す」。9月14日、琉球使節の正使・伊江王子朝直(ちょうちょく)らは明治天皇から詔書を突き付けられた。琉球国を強制的に併合する「琉球処分」の第一歩だった。通訳の朝彬さんは日本語と琉球のことばを訳しながら、琉球国の崩壊を目の当たりにしていった。

 琉球藩の設置を急いだのには別の事情があった。この前年、琉球を揺るがす大事件が起こった。琉球・宮古島の船が年貢を納めた帰路に遭難して台湾東南部に漂着し、乗船者66人のうち54人が先住民パイワン族に殺害された。琉球使節が東京に出発する約1カ月前、生存者12人が那覇に到着したばかりだった。

この記事は有料記事です。

残り931文字(全文1368文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集