秋季高校野球

秋季関東地区高校野球大会 常総学院、圧勝4強 木更津総合戦 中盤以降に猛打 /茨城

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
【常総学院-木更津総合】力投する常総学院の先発・秋本=千葉市美浜区のZOZOマリンスタジアムで2020年10月27日、西夏生撮影 拡大
【常総学院-木更津総合】力投する常総学院の先発・秋本=千葉市美浜区のZOZOマリンスタジアムで2020年10月27日、西夏生撮影

 第73回秋季関東地区高校野球大会(関東地区高野連主催、毎日新聞社など後援)は27日、千葉市美浜区のZOZOマリンスタジアムなどで2回戦4試合があった。常総学院(茨城2位)は木更津総合(千葉1位)に9―1で勝利し、4強入りを果たした。準決勝は31日に千葉県野球場であり、常総学院は東海大甲府(山梨1位)と対戦する。【長屋美乃里】

秋本力投110球

 <ZOZOマリンスタジアム>

 ▽2回戦

常総学院

  000002304=9

  000000001=1

木更津総合

 常総学院が中盤以降に主導権を握り快勝した。六回に中村の右中間適時二塁打などで2点を先制。続く七回に太田和の適時打などで3点、九回に三輪の適時打などで4点を追加し、突き放した。木更津総合は常総学院の主戦・秋本の110球を前に打線が沈黙した。


常総学院・中村蒼中堅手(2年)=千葉市美浜区のZOZOマリンスタジアムで2020年10月27日、長屋美乃里撮影 拡大
常総学院・中村蒼中堅手(2年)=千葉市美浜区のZOZOマリンスタジアムで2020年10月27日、長屋美乃里撮影

 ■ズーム

どんな形でもつなげていく 常総学院・中村蒼中堅手(2年)

 六回表、ネクストバッターズサークルに入るとベンチからは「ヒーローになりたくないのか」と声が聞こえた。牛久南中出身の9番打者。二回は空振り三振、四回は右飛に倒れていた。チームとしても「あと1本」が出ない状況が続く中での2死一、二塁。無我夢中でたたくと、打球は弧を描いて右中間に落ちた。ようやく得た先制点。会場は拍手と歓声でどよめいた。「最高の結果になった」と笑顔を見せた。

 チームは強打者不在を自認、「低い打球でつなぐ野球」を目指してきた。それを意識するあまり、逆に打ち上げてしまう場面も目立つなど、県大会では思うように打てず苦しんだ。関東大会までに技術を一気に上げることは難しいと田辺広大主将(2年)から言われていた。「自分より後ろは良いバッターしかいない。つなぎさえすれば」という思いだけが体を動かした。「チームで出た一本だと思う」と振り返る。

 均衡を破る適時打はチームを勢いづけた。続く七回で3点、九回で4点を追加した。「不調だった中村が、あの場面で打ったことで、チームが盛り上がった」と、田辺主将は話す。

 「自分は打率が悪い。どんな形でも走者を得点圏に進め、上位打線につなげていく」。9番打者の意地を胸に、準決勝に臨む。【長屋美乃里】


高校野球テレホンガイド

 0180・99・1889

 毎日新聞は、試合結果のテレホンガイドを開設しています。

あわせて読みたい