秋季高校野球

秋季関東地区高校野球大会 専大松戸、快勝4強 木更津総合は初戦敗退 /千葉

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
【専大松戸-鎌倉学園】七回表専大松戸2死二、三塁、黒須の中前適時打で二塁走者の石井が生還し5点目=千葉県柏市の柏の葉公園野球場で2020年10月27日、富美月撮影 拡大
【専大松戸-鎌倉学園】七回表専大松戸2死二、三塁、黒須の中前適時打で二塁走者の石井が生還し5点目=千葉県柏市の柏の葉公園野球場で2020年10月27日、富美月撮影

 第73回秋季関東地区高校野球大会(関東地区高野連主催、毎日新聞社など後援)は27日、千葉市美浜区のZOZOマリンスタジアムなどで2回戦4試合が行われた。専大松戸(千葉3位)は鎌倉学園(神奈川2位)に6―0で快勝し、4強入りを果たした。シード校のため初戦となった木更津総合は常総学院(茨城2位)に1―9で敗れた。準決勝2試合は31日、千葉市稲毛区の県野球場であり、専大松戸は第1試合で健大高崎(群馬1位)と戦う。原則、無観客試合で実施される。【長沼辰哉、富美月】

相手打線を完封

 <柏の葉公園野球場>

 ▽2回戦

専大松戸

  003000300=6

  000000000=0

鎌倉学園

 専大松戸は三回、2死満塁から吉岡の内野安打などで3点を先取。七回にも3点を追加し、試合を決めた。先発・深沢は7奪三振で相手打線を完封。鎌倉学園は七回の2死満塁の好機にあと1本が出ず、及ばなかった。

【常総学院-木更津総合】九回裏木更津総合1死三塁、大西が中前適時打を放って1点を返した=千葉市美浜区のZOZOマリンスタジアムで2020年10月27日、長沼辰哉撮影 拡大
【常総学院-木更津総合】九回裏木更津総合1死三塁、大西が中前適時打を放って1点を返した=千葉市美浜区のZOZOマリンスタジアムで2020年10月27日、長沼辰哉撮影

九回一矢報いる

 <ZOZOマリンスタジアム>

 ▽2回戦

常総学院

  000002304=9

  000000001=1

木更津総合

 常総学院は六回2死一、二塁で中村の右中間を抜く2点適時二塁打で先制。その後も打線がつながり、17安打9得点で圧倒した。木更津総合は五回に一塁から島田が本塁を狙ったが阻止された。九回に1点を返すにとどまった。


木更津総合・島田舜也投手(2年)=千葉市美浜区美浜のZOZOマリンスタジアムで2020年10月27日、長沼辰哉撮影 拡大
木更津総合・島田舜也投手(2年)=千葉市美浜区美浜のZOZOマリンスタジアムで2020年10月27日、長沼辰哉撮影

 ■ズーム

悔しい思い、忘れない 木更津総合・島田舜也投手(2年)

 「あの時に直球は必要なかった。変化球で勝負していれば三振が取れたのでは」。試合後、右腕のエースは悔やみきれない1球を振り返った。

 互いに得点がないまま迎えた六回。安打と四球で2死一、二塁のピンチを迎えた。打者を変化球で2ストライクに追い込むと、「抑えてやる」との思いで頭の中がいっぱいになった。力んだ直球は甘いコースに入り、振り抜かれた白球は右中間に運ばれた。

 続く七回は先頭打者に安打を許し、「冷静になって抑えないと」と自分自身に言い聞かせたが、更に追い込まれて失点を重ね、この回を投げきってマウンドを降りた。

 「悔しい思いは絶対に忘れないと思う」。この日の試合で、制球や勝負強さなどに課題があることを自覚できた。「この気持ちを冬の練習にぶつけて、自信をつけて春を迎えたい」と話し、球場を後にした。【長沼辰哉】


高校野球テレホンガイド

 0180・99・1889

 毎日新聞は、試合結果のテレホンガイドを開設しています。

あわせて読みたい