秋季高校野球

秋季関東地区高校野球大会 東海大甲府が4強 東海大相模戦 逆転サヨナラ /山梨

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
【東海大相模-東海大甲府】九回裏東海大甲府1死一、二塁、久井の適時三塁打で一塁走者の木下凌(右下)が生還しサヨナラ勝ち(捕手・谷口)=千葉市美浜区のZOZOマリンスタジアムで2020年10月27日、西夏生撮影 拡大
【東海大相模-東海大甲府】九回裏東海大甲府1死一、二塁、久井の適時三塁打で一塁走者の木下凌(右下)が生還しサヨナラ勝ち(捕手・谷口)=千葉市美浜区のZOZOマリンスタジアムで2020年10月27日、西夏生撮影

 第73回秋季関東地区高校野球大会(関東地区高野連主催、毎日新聞社など後援)は27日、千葉市のZOZOマリンスタジアムと千葉県柏市の柏の葉公園野球場で2回戦4試合が行われた。山梨1位の東海大甲府は、昨年4強の東海大相模(神奈川1位)に2―1でサヨナラ勝ちし、5年ぶりに準決勝に進んだ。

 31年ぶりの決勝進出を目指す東海大甲府は31日、千葉市の県野球場で行われる準決勝第2試合(午後1時開始)で常総学院(茨城2位)と対戦する。

 決勝は11月1日に県野球場で行われる。【上鵜瀬浄】

若山が連続完投

 <ZOZOマリンスタジアム>

 ▽2回戦

東海大相模

  000001000=1

  000000002=2

東海大甲府

 東海大甲府が逆転サヨナラ勝ちした。1点を追う九回、中沢の四球と木下凌の右前打で1死一、二塁の好機を作ると、久井の右翼への三塁打で2者が生還した。左腕・若山は要所を締めて2試合連続で1失点完投した。


逆転サヨナラの2点三塁打を放ち、祝福される久井(中央)=千葉市美浜区のZOZOマリンスタジアムで2020年10月27日、西夏生撮影 拡大
逆転サヨナラの2点三塁打を放ち、祝福される久井(中央)=千葉市美浜区のZOZOマリンスタジアムで2020年10月27日、西夏生撮影

 ■ズーム

つなぐ野球、幸運呼ぶ 東海大甲府・久井竣也一塁手(2年)

 身長180センチ、体重80キロと体格に恵まれ、5番に座る。村中監督の指示に忠実な打撃が幸運を呼び込んだ。

 1点を追う九回1死一、二塁で打席を迎えた。村中監督からは「長打力があるから内角には来ない。外の球を右翼方向に」と送り出された。1年夏から甲子園で登板した東海大相模の左腕・石田が1ストライクから投じた外角球を右打ちした。

 打球は長打を警戒して深く守っていた右翼手の前に落ちる。さらに人工芝で高く跳ねて右翼手の頭を越えた。球が転々とする間、三塁を陥れ、2者を還した。「しっかり踏み込めた。つなぐ野球に徹したのが良かった」と逆転サヨナラの三塁打を振り返った。

 春夏あわせて4回の甲子園優勝を誇る相手との付属校対決に「世間では相模が強いと言われ、見返したかった」という。スクイズを外したり、ライナーをダイビングキャッチしたりと随所に好守を見せたチームを、バットで準決勝の舞台に導いた。【上鵜瀬浄】


高校野球テレホンガイド

 0180・99・1889

 毎日新聞は、試合結果のテレホンガイドを開設しています。

あわせて読みたい