メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

岐阜支局長からの手紙

校内でオンライン授業 /岐阜

 新型コロナウイルス感染が全国で広がる中、飛驒市の小学校であった出来事です。集団になじめず、昨年度から長らく不登校ぎみだった児童が主人公です。

 半年前の4月、市内の学校は一斉に臨時休校となりました。6月、クラスの半分がそろう分散登校が始まりました。

 「人数が少ないなら登校できるかも」と考えた担任が、児童を学校へ誘ってみました。時間もずらしてみると、特別教室へ登校できました。そこで担任は、校内でのオンライン授業を試しました。普段の授業を教室の後ろからタブレット(小さなパソコン)のカメラで撮り、この子に向けて生中継しました。

 児童はデジタル黒板で視聴し、久しぶりに級友と「一緒に」授業を受けました。「楽しい」と感じたようです。

この記事は有料記事です。

残り436文字(全文750文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「鬼滅の刃」 興収259億円に 「アナ雪」超えの国内歴代3位

  2. ホンダ大勝、2回戦へ 3年連続日本一を狙った大阪ガスは初戦敗退 都市対抗

  3. 捜査員に知らされた姉の犠牲 「まさか路上生活とは」「理不尽」渋谷傷害致死

  4. 立憲、安倍前首相の国会招致求める 小泉氏ら閣僚、コメント回避相次ぐ

  5. 菅首相の声だけ流れる「グループインタビュー」はなぜ行われたのか

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです