メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

アートで用宗、活性化 スリランカ人造形師ディルンさん 新型コロナで帰国できず静岡で就職へ /静岡

用宗に設置されたモニュメントの前でCSA不動産の小島孝仁社長(右)と話すミニさん(左)と夫のディルンさん=静岡市駿河区の用宗みなと温泉で2020年10月12日、古川幸奈撮影

 静岡市駿河区用宗に9月、風光明媚(めいび)な港町のシンボルとなるモニュメントが完成した。市内で暮らすアーティスト、ガマラーララーゲー・ディルンさん(29)=スリランカ出身=が船の帆や魚をイメージしてデザイン。新型コロナウイルス感染症拡大で母国に戻れなくなっていたが、市内の不動産ベンチャーへの就職が内定し、11月から造形師として用宗の街づくりにかかわっていく決意を固めた。【古川幸奈】

 ディルンさんが手がけたモニュメントは9月23日に用宗港の近くにある用宗みなと温泉前に完成して、お披露目された。鉄やモルタルで形づくられており、「MOCHIMUNE」の文字が刻まれている。ディルンさんに製作を依頼したCSA不動産(静岡市)の小島孝仁社長は「港の漁船と富士山が一緒に見えるこの場所にフォトスポットのようなものがほしいと思っていた。日本とスリランカの共同作業でできた作品だ」と喜んだ。

この記事は有料記事です。

残り680文字(全文1071文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 共通テスト、マスクから鼻出して「失格」 監督者の注意に従わず

  2. 感染症と闘う 新型コロナ/6 マスク着用に一定の効果

  3. お年玉付き年賀はがきの当選番号決まる 賞品引き換えは7月20日まで

  4. 横浜から鳥取までタクシー代23万円不払い 詐欺容疑で逮捕 鳥取県警

  5. 共通テスト、公民で出題ミス 視覚障害者向けの問題冊子で

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです