メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

びわ博

こだわり展示の裏話/70 人気者・アメリカザリガニの悩み=琵琶湖博物館 中井克樹・専門学芸員 /滋賀

忍び込んだ厄介者…?

 親子連れでにぎわうディスカバリールームにはアメリカザリガニの巨大な模型があり、子どもたちに大人気です。ディスカバリールームは今から2年前にリニューアルされ、他の展示室と同様、それまでにあった展示のどれを残し、どれを新しいものとするか、残す場合にはどのように改良するかが検討されました。

 大きなアメリカザリガニのおなかの側から入り込んで、ハサミを操作できる「ザリガニになろう」と題された展示は、その人気ぶりから予想されたように、リニューアル後も残すことになりました。ところが、アメリカザリガニをめぐっては、博物館の開館当時とは異なり、単に身近な人気者というだけではなく、いろいろと厄介な性質のある生きものであることも、わかってきました。

この記事は有料記事です。

残り652文字(全文980文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. センバツ21世紀枠候補・知内 過疎の町の宝が掲げる「全員が脇役、全員が主役」

  2. センバツ21世紀枠 候補校紹介/1 知内(北海道) 「聖地」再訪へ、打撃強化

  3. 自公、北海道2区補選で「不戦敗」選択 惨敗すれば首相の責任論 吉川元農相在宅起訴

  4. 感染防止策違反に「氏名公表」は厳しすぎるリンチか 自民には「不十分」の声

  5. 五嶋みどりさんにケネディ・センター名誉賞 日本出身者で小澤征爾さんに次ぎ2人目

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです